Pablo Escande


- composer, arranger, performer

- born in 1971 in Buenos Aires, Argentina


-Composer, Arranger-


Since 1995 he has received commissions from Holland, Australia, America, Spain, and Japan.He has written music for solo instrument, chamber ensembles, oratorio, church music, ballet, orchestra, opera, as well as songs with piano, and songs and ensembles. He composed and arranged for several different soloists and groups such as cello octet "Conjunto Iberico", "The Holland wind players", Rotterdam chamber orchestra, Max van Egmond, Anner Bijlsma, Teresa Berganza, Tanja Kross, Marius van Altena, Izumi Tateno, etc. In 2008 he won an honorable mention in the "Alienor composition competition" in America.



For all his compositions and arrangements, please look at the list of this website.


-Studies-


He studied piano (as his main subject) at the conservatory of his native city, Buenos Aires, where, in 1990, he obtained the certificate, Maestro Nacional de Musica. From 1991 till 1995, he studied ancient music: harpsichord, basso continuo and fortepiano with Jacques Ogg in the Netherlands. In 1994 he studied orchestration for some months with Roland Voortman. From 1995 till 2002, he studied composition with Rafael Reina, besides he studied also microtonal composition with the same teacher at the Sweelinck Conservatory Amsterdam in 1998.


-Performer-


In the theatrical musical "De Virtuoos" (28 performances) he played the harpsichord and worked with Ina van Faassen and Sytse Buwalda. He also took part as arranger and harpsichordist in the Barok"-project by the ballet group "Introdans" (36 performances) also with Buwalda. Since 1993 he accompanies singing classes and performances by Max van Egmond on piano and harpsichord. In 1995, 1997, 1998, and 1999 he worked for the summer courses at "Casa de Mateus" and the annual music festival in Portugal as accompanist, tuner, and harpsichordist. Since 1993, he is the permanent organist and conductor of the "Onze Lieve Vrouwe" church in Hilversum. As repetiteur he participated in the following operas: Dido and Aeneas (Purcell), Francois Guyon (Kees Olthuis), Idomeneo (Mozart), Bataclan (Offenbach), An Ode for St. Cecilia's day, Acis and Galathea (Handel), La scala di Seta (Rossini), Le Nozze di Figaro (Mozart). For the opera Don Pasquale (Donizetti), among other places (in Holland) performed also in Luxemburg in 2001, he adapted the score for two pianos, and he was one of the pianists accompanying the production. In 2008 he was invited as composer, arranger, and pianist for the "Tanba no mori International Music Festival". He has given concerts in Germany, the Netherlands, Spain, Portugal, France, Puerto Rico and Japan.
Above all, he finds it very important to perform his own composition and arrangements as a soloist, in ensembles, and in orchestras.


__________________________________


パブロ・エスカンデ


- プロフィール -
作曲家、編曲家、ピアニスト、オルガニスト、チェンバリスト
1971年アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれ。

〜作曲家、編曲家としての経歴〜

1995年以来、オランダ、オーストラリア、アメリカ、スペイン、日本などから委嘱を受け、独奏曲、室内楽、オラトリオ、教会音楽、オペラ、バレー音楽、歌曲のほか、オーケストラのための曲を作曲している。これまでにロッテルダム室内オーケストラ、アンナ・ビルスマ、マックス・ファン・エグモント、ホーランドウィンドプレーヤーズ、コンフント・イベリコ、マリウス・ファン・アルテナ、舘野泉などのアーティストから委嘱を受けたり、自作で共演している。
2007年アメリカアリエノール作曲コンクールにて名誉賞を受賞。

(作曲、編曲作品につきましては、作品リストをご覧ください。)


〜学歴〜

祖国、アルゼンチンのブエノスアイレスにてピアノを学び、1990年にディプロマを取得。
その後オランダへ渡り、1991年から1995年まで古楽(チェンバロ、通奏低音、フォルテピアノ)をJ.オッホに師事。1994年、R.フォールトマンのもとでオーケストレーションを、1995年から2002年まではR.ライナに作曲を学ぶ。また1998年にはアムステルダム音楽院(旧スウェーリンク音楽院)にて、R.ライナに微分音作曲について学ぶ。

〜演奏歴〜

1995年〜1996年、音楽劇「ヴィルトゥオーゾ」(28公演)にてI.ファン・ファースセン、S.ブヴァルダとチェンバリストとして共演。
1997年には、バレー団"イントロダンス"が企画した「バロック」(36公演)にてチェンバリスト、編曲家として参加。1993年以来、M.ファン・エグモントのレッスン、リサイタルなどにて伴奏者を務める。

1995年と1997年から1999年には、ポルトガルの音楽祭、サマーコース「カーサ・デ・マテウス」にてチェンバリスト、調律者、伴奏者として招待される。
1993年以来、ヒルバーサムの聖母教会の正式オルガニスト、指揮者を務める。

その他、オペラ伴奏者として、ダイドーとエネアス(パーセル)、フランソワ・ギヨン(K.オルトハウス)、イドメネオ(モーツァルト)、バタクラン(オッフェンバック)、聖セシリアの祝日のためのオード(ヘンデル)、アシスとガラテア(ヘンデル)、ラ・スカーラ・ディ・セータ(ロッシーニ)、フィガロの結婚(モーツァルト)などを演奏。

2001年には、ルクセンブルグにて、オペラ「ドン・パスクアーレ」(ドニゼッティ)を2台のピアノのために編曲し、演奏。

2008年丹波の森国際音楽祭にシンボルアーティストとして招かれる。

オランダのほかに、ドイツ、スペイン、ポルトガル、プエルトリコ、日本でも演奏活動を行っている。

また、自身の作品を自身で演奏(ソロ、室内楽、オーケストラ)することも積極的に行っている。